PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

iTunesを使用しないでiOSデバイスのバックアップができる『CopyTrans Shelbee』

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Restore_start.jpg

「CopyTrans Shelbee」は、iTunesを使用することなくiOSデバイス iPhoneやiPadのデータをバックアップすることが出来るフリーソフト(Windows)

同ソフトでは、バックアップデータの保存先を任意の場所に作成することが可能、iTunesをインストールしているパソコンの予期せぬ故障やトラブル時に、外付けHDDなどにバックアップデータを保存しておけば大事なカメラロールの写真、連絡先、アプリ、メッセージ、メール、カレンダー、iPhoneの設定、メモなどのデータを他のPCから復元(リストア)することができます。
Sponsored Link



000CopyTrans Shelbee v 1.013 [フリーソフト]
対応OS : Windows XP,Vista,7,8
URL : http://www.copytrans.jp/shelbee.php



CopyTrans公式サイトから「Install_CopyTrans_Suite.exe」をダウンロード、インストール

iTunesをPCにインストールしていない、またはインストールしたくない場合は下記サイトの「CopyTrans Drivers Installer」でドライバをインストールしておきましょう。

iTunesをインストールせずにiPod Touch、iPhone iPadドライバのインストール

「CopyTrans Control Center」を起動し「CopyTrans Shelbee」を選択しインストール、起動します。

CopyTrans_Control_Center_Selection.jpg

● iOSデバイス内のデータをバックアップ

「CopyTrans Shelbee」の起動後「デバイスを接続してください」と表示されるのでiOSデバイス(iPhone/iPad)をLightningケーブルでPCと接続

CopyTrans_Shelbee_v1013_Device_connection.jpg

続いて「作業を選んでください」と表示されるので「バックアップ」を選択

CopyTrans_Shelbee_v1013_Work_selection.jpg

続いてバックアップの選択、初回時は「フルバックアップ」を選択し次回からは、「最新の変更」差分バックアップを選択すると前バックアップを残したまま新たにバックアップを作成することができます。

CopyTrans_Shelbee_v1013_backUp.jpg

バックアップの保存先は初期設定のバックアップ先または自由に選択可能です。

CopyTrans_Shelbee_v1013_backUp_destination_selection.jpg

オプションでは、アプリをバックアップ、バックアップ履歴の保存、バックアップを確認、の選択が可能(初期値ではチェック済み)
「バックアップを暗号化」ではバックアップファイルにパスワードを設定することもできます。

CopyTrans_Shelbee_v1013_backUp_Options.jpg

「スタート」をクリックしてiOSデバイスデータのバックアップを開始します。

CopyTrans_Shelbee_v1013_During_the_backup.jpg

バックアップが終了するまで待ちます。

CopyTrans_Shelbee_v1013_During_the_backup_Wait.jpg

バックアップ通知をオンにしておくとiOSデバイスiPhone・iPadのバックアップ時期を知らせてくれます。
通知の間隔、曜日や時間は通知設定より変更可能

CopyTrans_Shelbee_v1013_During_the_backup_alert.jpg

● バックアップデータのリストア

iOSデバイス(iPhone/iPad)をLightningケーブルでPCと接続

iOSデバイス(iPhone/iPad)の「iPhoneを探す」の機能をオフにする。
「設定」 → 「iCloud」 → 「iPhoneを探す」

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Off_to_the_Find_iphone.jpg

「CopyTrans Shelbee」の「リストア」を選択

CopyTrans_Shelbee_v1013_Work_selection.jpg

「クリックして選択」をクリック
オプションではアプリのリストア(復元)の有無を選択可能

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup.jpg

iOSデバイスデータのバックアップリストより復元(リストア)したいバックアップデータを選択

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Selection.jpg

選択後「スタート」をクリック

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Selection2.jpg

バックアップデータの確認を促すポップアップダイアログが表示されるので良ければ「はい」をクリック

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Selection_Confirmation.jpg

バックアップデータの復元(リストア)が開始されるので作業終了まで待ちます。

CopyTrans_Shelbee_v1013_Restoring_a_Backup_Restore_start.jpg

復元(リストア)作業が完了するとデバイスが再起動します。
(デバイスのパスコードを設定していると再起動中にパスコードの入力が必要)
「iPhoneを探す」の機能をオンに戻して完了!!
関連記事

| Windows | 13時45分 | comments:1 | TOP↑

共有

詳しく教えてくれてありがとうございます。バックアップからデータを復元するには、Coolmuster iPhone iPad iPodデータ復元をお勧めします。無料ダウンロード先:http://www.coolmuster.jp/data-recovery-for-iphone-ipad-ipod/ ここで一緒に共有します。

| スイカ | 2015/10/16 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。